フェンスウォールとは?

住宅や施設などの外周に使用出来るフェンス用の基礎となる塀素材です。
写真のように上部には市販されている様々なフェンスが使用出来ます。

previous arrow
next arrow
Slider

現在、長い年月が経ち劣化した塀の安全性が社会問題となっています。

フェンスウォールはブロック塀の替わりとなる新しいフェンス用の基礎材料です。

フェンスウォール製品の種類

柱の種類は4種類

  • フラット   どこにでも使用出来る直線的でシャープなデザイン。
  • マルチ    一本の柱でどんな設置場所にも対応出来ます。
  •       地上高さ2メートル以上のフェンスや太いフェンス支柱にも対応。
  • プラス    表面丸みを帯びたソフトな印象の塀を構築できます。

どんな用途で建てられているのか?

ブロック基礎(塀)の替わりとして

一般住宅はもちろん公園や学校など各種施設、公共施設にもご使用になれます、すでに多くの実績がありまので是非施工実例を御覧下さい。設計計算書耐震計算書も完備しております。
施工実例 → 【フラットの施工実例】【公共施設の実例】

ちょっとした土留めとして

ちょっとした土留め施工をする時など、特にフェンスウォールの得意分野です。すでに多くの採用実績をいただいております。
施工実例 → 【土留めの施工実例】

竹の根切りとして

竹の根など、コンクリートの柵板で隣地への進入を防ぎます。
施工実例 → 【竹の根の侵入を防ぐ!施工実例】

フェンスウォールの安全性

  • 信頼のJIS認証取得工場で製造されたフェンスウォール。現場での作業も少なく仕上がりにばらつきがありません。
  • 安心、安全に施工していただけるよう 設計計算書耐震計算書もございます。

地震に強い

古く劣化した塀の安全性が社会問題となっています。
古くなった万年塀やブロック塀などの建替えが進んでいます。フェンスウォールシリーズならこれらの建替え工事の際、低コストで安全な塀を構築する事が出来ます。耐震計算により地震にも強い事が証明出来ますので安心してご使用下さい。

盛土耐圧について

土圧補強板を入れる事により、『土留め』としての使用も可能です。
弊社では様々な工法を開発し、それらの実地試験を行っています、また段差地での設計計算書もダウンロードして頂けます。

フェンスウォールのメリット

1.組立式なので破損した場合でも破損箇所だけの交換で済みます。

previous arrow
next arrow
Slider
写真のように「車などがぶつかりこわれたてしまった」場合でも壊れた箇所、ダメージのあった部分だけ直せますので経済的です。

2.柱を建てて柵板を差込むだけシンプルな設計。熟練の技術や特別な機械なども必要ありません。

previous arrow
next arrow
Slider
しっかりと間隔を測り柱さえ建ちあがれば、あとは柵板を差込んでいくだけです。

3.【1スパンで2メートル】いちどに多くの距離を施工出来ます。

previous arrow
next arrow
Slider
フェンスウォールは製品の性質上、長い距離の施工が得意です!使って頂いた多くの施工会社様から施工のはやさに高評価を頂きました。
少人数で施工ができ、短い工期で建てられるという事でコスト削減が出来ます。